京美屋の衣裳 婚礼衣装 和装

京美屋は、婚礼衣装の織職人が始めた貸衣装屋。
だからこそ絶対の自信を持って、品質の確かな和装をお届けしています。
全国的にも珍しい、昭和唐織のビンテージ品から、最新作まで、その数は数百枚。
豊富な柄・色の中から、晴れ舞台にふさわしい衣裳をご提案いたします。

和装は日本の伝統的な婚礼衣装です。
日本人の凛とした美しさの表現を求める方に、ぜひ着ていただきたい衣裳でもあります。

しかし、古くから伝わる伝統的な衣裳だからこそ、きちんとした専門的な知識と、経験を持っておすすめすることが必要だと考えます。

ただ「似合う」「好き」だけで選ぶのではなく、柄や仕立て方による格の違いといった細部までご説明できるのが当店の強み。

◆柄行、お色がご本人様のお顔立ちが活かされるものであること。
◆会場と調和し、主役が引き立つお衣装であること。
◆正面だけでなく、360度どこから見ても美しいこと。ご両親さま、ご祖父母さま、ご親戚の皆様…どなたから見てもご満足いただける身につけ方であること。

一生に一度の晴れ舞台に悔いを残さない衣装選びをお手伝いいたします。

和装プラン

婚礼衣装は数百枚のご準備があるため、すべてを掲載しておりません。小物の合わせ方等によってレンタル料が変動いたします。
詳細はスタッフまでお問い合わせください。

(いずれも税抜き表示です)

花嫁衣裳白無垢一式
¥100,000~
打掛から掛下、帯、草履などまで、全身を白で統一した格調高い和装を指す。儀式で白無垢を着ることで、「邪気を払い、神聖な儀式に挑む姿」を表現。儀式では白、祝宴では色物を着用することが、室町時代から受け継がれている和文化のしきたり。
花嫁衣裳色打掛一式
¥200,000~
赤やゴールドなど、白以外の色を用いた打掛のこと。正式な和装で挙式でも着られるが、一般的にお色直しで用いられる。地色の主流は赤。昨今では、七宝、亀甲、青海波、うろこ柄の4種類が入った縁起のよい吉祥柄などの評価が高く、高級品に。
花嫁衣裳本振袖一式
¥200,000~
もともとは江戸時代の武家の娘の婚礼衣裳として用いられていた正式和装で、昭和30年ごろまでは最も多く着られていた。クラシックな雰囲気と凛とした立ち姿が魅力。近年、再び注目を集めている。黒引は引き振袖のなかでダントツの人気に。
花婿衣裳紋付羽織袴一式
¥120,000~
男性婚礼衣装のスタンダードな紋付羽織袴です。

衣裳例

こちらに掲載したものは、ほんの一部です。
着物に精通したプロのアドバイザーが、ご希望をきめ細かくお伺いし、お顔立ちや体型にあったご提案をいたします。

西陣織/千羽鶴

西陣織/吉祥桜花文

西陣織/桜御所車文

都の四季吉祥文様

京の四季ぼかし

唐織七宝文様

佐賀錦孔雀

金地四季百花

正倉院唐草鳳凰

朱地桜花車

朱地七宝裂取り

手織唐織/締切鳳凰

締切唐織百花

白地唐織王朝雅園

唐織正倉院御物

御所車雅優

手織唐織/菊花萩文様

御所解文様

紺地伊勢御幸

柄箔大原御幸

黒地賀茂祭

賀茂祭胡蝶

四季花車相良刺繍

「あれはできるの?」「これはこうしたいんだけど…」「予算が心配…」
まずは無料でご相談、お電話にてうけたまわります。

京美屋島田本店 TEL.0547-37-5427

お問合せ・ご予約

アクセス

ブライダルセンター京美屋 島田本店
TEL.0547-37-5427
島田市本通り1丁目3-10
営業時間:10:00~18:30

  • 島田市大井神社東隣
  • JR島田駅北口より徒歩6分
  • 島田本通り郵便局ななめ向かい